모바일 광고의 유형별 특징과 효과

『Back to Basic』 今さら聞けない!モバイル広告の種類と効果まとめ

調査によると、日本人は平均一日3時間以上をモバイルアプリに消費するそうです。 ユーザーに効果的に広告を出すためにはどんな広告に注目すべきかを詳しく説明します。

2019-12-13

 

起業は毎日のように、「いつ、どこで、どのように人々」に広告を効果的に伝え、アピールできるかを悩みます。グロバールユーザーの1日平均のアプリ利用時間は100分を超えており、特に日本のスマートフォン利用者の平均利用時間も180分に達しております。そこでモバイル広告に対する企業の悩みはさらに深まっています。

出処:アプアニ、モバイルアプリ使用状況

 

PCベースのウェブ、スマートフォンベースのアプリが登場する前まで企業の悩みは今より深くありませんでした。伝統的なメディアであるテレビやラジオ、新聞、雑誌などを通じて、一方的な広告を出すだけでも十分だったからです。

 

しかし、PCからさらに発展したモバイルの時代が到来し、双方向的な特徴を持つモバイル広告は多様に発展・進化してきました。今、企業はモバイル広告の双方向的な特徴から広告を通じて顧客とコミュニケーションし、多様な価値を作り出すに至りました。

 

そこで、今回のMobvistaブログでは、ユーザーエクスペリエンスを損なわずに正しい広告経験を提供できる双方向的・コミュニケーション型モバイル広告の種類とその効果についてご紹介させて頂きたいです。

 

広告とユーザーが取引する? リワード型広告

 

先に利用者と広告が多様な方法で取り引きし、価値を作り出すと申し上げたように、リワード(Reward) 広告とは文字通り利用者に提供される補償形式の広告のことです。広告を視聴するか広告対象のアプリを設置することによって対価を受け取ることです。

 

リワード型広告は利用者が広告であることを確実に認知しているため拒否感が少ない方です。また、確実な補償を提供することで広告視聴及びアプリ設置を誘導しやすいというメリットがあります。しかし、補償ばかり狙うチェリーピーカーが多いかもしれませんし、このため離脱率も高いというデメリットも存在します。これからリワード型広告の種類についてもっと詳しく調べていきましょう。

 

​1.リワードビデオ広告 (Rewarded Video Advertising)

 

リワードビデオ広告例

 

リワードビデオ広告は文字通り補償を提供するビデオ広告形式です。15秒程度の比較的短い動画広告をスキップせず、全て視聴すると、利用者はこれに対する補償を獲得することができます。

 

リワードビデオ広告は動画広告であるため、静的な広告に比べて高い集中度を持っています。また、製品やサービスをより詳しく見せることができるという長所もあります。特にゲームプレイやアプリの利用を円滑にサポートする補償を提供すれば、利用者の参加率は高め、離脱率は低くなるため、ゲーム開発者には「最も成功的な広告」方式と言われています。

 

しかし、適切な補償を提供すべきという点と、既に開発されたアプリにリワード型広告の搭載のために追加的な開発を進めるべきという点は、開発者やパブリッシャーにとっては負担となることもあります。

 

2.リワードオファーウォール (Rewarded Offer Wall Advertising)

 


リワードオファーウォールの例

リワードビデオ広告が開発者およびパブリッシャーに多少負担になる場合、同様の広告形式である「オファーウォール」を搭載することが代替案となり得ます。

 

リワードオファーウォール広告も同様にアプリ利用者が広告を視聴したり、アプリを設置した際に補償を提供する広告です。スマートフォン待機画面をスライドして補償を積み立てることもまたリワードオファーウォール広告形式の一種で、通常はアプリ内の有料コンテンツを利用できる財貨を補償で提供します。

 

利用者が自分の必要性によって広告の種類まで選択するという点で、広告に対する拒否感は低いしかありません。しかし、普通のオファーウォールは開発の必要がない代わりに特定の形でしか配信できず、縦型であるという点でアプリに異質な印象を与えることができます。そこで、最大限利用者を妨げずに補償を提供する方法を考えることが必須です。

 

フィードのように自然に認識できるフィード型広告

 

フィード型広告はSNSプラットフォームで特に簡単に活用される広告です。SNSプラットフォームであるFacebookやインスタグラムなどにアップロードされる書き込みのすべてを私たちは「フィード」と呼ぶことから派生した広告形式です。

 

フィード型広告は一般掲示物のようにアップデートされ、広告自体がフィードになる「フィード広告」とフィード開始および終わりに付ける「インフィード広告」に区分することができます。二つの広告がどのように違うのか詳しく見てみましょう。

 

​1. ネイティブ・インフィード広告 (Native In-Feed Advertising)

 

ネイティブ・インフィード広告の例

 

「ネイティブ・インフィード広告」はフィードコンテンツの間またはフィードが開始および終わりに挿入されます。他のフィードと自然にマッチするようにデザインをオーダーメードして設定できるため、利用者が広告という点を意識する可能性は低いです。

 

自然に広告を伝えるため、最上のユーザーエクスペリエンスを与え、高い転換率を通じた成功的な結果を保障します。また、ネイティブ・インフィード広告は動画形式でも配信できます。これもやはり一般の動画広告のように高い集中度を見せます。このようにインフィード広告は比較的簡単に多様な形で広告を配信することができるという長所も持っています。

 

​2. ネイティブ・フィード広告(Native Feed Advertising)

 

ネイティブ・フィード広告の例

 

「ネイティブ・フィード」広告は文字通り、配信する「広告」自体が「フィード」になる概念です。最小限の干渉で広告を進めることができ、これも高いユーザーエクスペリエンスをお届けします。

 

しかし、自分がフォローした関心事フィードを中心にSNSを使う利用者の特性上、広告を伝える利用者層、すなわちターゲティングに多くの気を配らなければなりません。利用者が広告であることを明確に認識することが多いため、広告執行時にもきめ細かなターゲティングを必要とする点を必ず認知する必要があります。

 

伝えたいメッセージを確実に伝えることができる広告

 

誰が見ても広告ではないような広告だけが無条件良い広告だとは言えません。目的によっては、広告であることを利用者が明確に認識できることがかえって有効でもあります。例えば、ブランディングを目指す際には、伝えたいメッセージを確実に伝えることができる形の広告を活用します。

下記の多様な形の広告を通じて各広告の特徴を調べてみましょう。

 

​1. ネイティブ・アプリ・ウォール (Native App Wall)

 

ネイティブ・アプリ・ウォール広告の例

 

ネイティブ・アプリ・ウォールは比較的最近発展した形式の広告の一つで、独立型広告ページを構成して非補償型広告を見せる方式です。広告ページを活性化させるボタンをカスタマイジングし、まるでアプリの一部分であるかのように構成することが可能であるため、異質感のない広告経験を提供できるのが特徴です。

 

利用者が直接ネイティブ・アプリ・ウォール広告の活性化ボタンをクリックして見ることができる広告であるため、強制的に広告を表示するのではなく選択権を提供するという長所があり、自発的にクリックした利用者がアクセスする広告であるため、高い転換率を示すことになります。

2.ネイティブ・インタースティシャル広告 (Native Interstitial Advertising)

 

ネイティブ・インタースティシャル広告の例

 

ネイティブ・インタースティシャル広告は主にアプリの切り替えポイント、つまりローディング画面と同じところに位置する広告の形です。多くの情報を盛り込む一方でインタラクティブな要素を持つことができます。また、強制的に広告を出すという点で、注目率を極大化できるメリットがあります。

 

ただし、インタースティシャル広告を進行する際には利用者の経験を損なわないよう広告位置や大きさ、頻度などの設定に注意する必要があります。つまり、アプリの模様と機能を維持しながらも利用者のアプリ経験の干渉を最小化することがキーポイントといえます。

 

​3. ネイティブ・スプラッシュ(Native Splash)

 

ネイティブ・スプラッシュ広告の例

 

ネイティブ・スプラッシュ広告はインタースティシャル広告から派生した形で、やはりローディング画面のような所に位置します。固定的な広告メッセージを表示し、広告をクリックしてこそ次のページに切り替わるという特徴を持っています。

 

インタースティシャル広告の一形式であり、ユーザーエクスペリエンスにおいて更に注意が求められる広告であるため、ユーザーの視線をくぎ付けにして切り替え率を極大化させながらも、反感が薄くなるようにアプリと自然にマッチさせることが大切です。

 

多様な広告の中から最も適した広告形式を選ぶ

 

このようにクリック率や転換率などを通じて高い効率を出す広告からマーケッター、パブリッシャー、アプリ利用者皆が利益を得られる広告まで、私たちはすでに単に配信する広告から脱却し、様々な形で提供する広告に接しています。

 

ここで最も重要なのは、モバイルアプリに「最も適した」広告形式を選択することです。場合によっては、様々な形態の広告を併せて活用して効果が出せることもあります。

 

Mobvistaはこのような多様な広告形式を単に提供するだけでなく、広告媒体またはパブリッシャーの立場を徹底的に分析し、それに合わせた効率的な広告を提案しています。各モバイル広告に関する詳しい情報やモバイル広告方法は、Mobvista公式ホームページで確認できます。

 

 

Share